終身保険とは何か?生命保険について考えてみよう!

生命保険加入していますか?終身保険とは一体何だろう? - 終身保険とはどのような特徴があるのでしょうか

終身保険とはどのような特徴があるのでしょうか

生命保険に加入する時には死亡保険に加入する事が多いと思いますが、死亡保険の中には終身保険と言うものがあります。
定期保険の保障期間が一定期間であるのに対し、終身保険とはどのようなものなのでしょうか。

終身保険とは

終身保険は、定期保険の保障期間が一定期間であるのに対して、一生涯の保障を確保する事が出来る生命保険の事である。
一生涯の保障を確保出来ると言う事は、保険料の支払期間を終えても、その後も死亡保障が継続されると言う意味を示すのである。
また、終身保険によっては、一生涯保険料を支払い続けるプランもある為、支払い方はどちらかを選ぶ必要があるのだ。

終身保険の特徴

終身保険は加入する時の年齢や、保険料を払い込む期間にもよるが、貯蓄性がある事が特徴的である。
完全なる貯蓄と言うわけではないが、保険料の支払期間が長ければ、解約時の解約返戻金が払い込み済み保険料を上回る事がある。
ここで勘違いして欲しくない事は、解約返戻金と保障額が同額ではないと言う点である。
あくまでも保障額は保障額であり、解約返戻金は解約返戻金なのだ。
解約返戻金は保障額を上回る事は無く、中途解約する事により、若干であっても損をする可能性があるのだ。

終身保険のまとめ

htrsthrs
貯蓄性がある事から貯蓄と同時に保障を準備したい方、高額保障が必要ない方、安定的収入が得られる方、掛け捨て保険商品には納得出来ないと言う方に向いている保険商品だと言える。
大抵の場合の終身保険の保障額は何千万と言う事は無く、将来の自分の葬式代や必要最低限の貯蓄の為の数百万円程度の保障額である事が多いと言える。
確実、誠実に保障と貯蓄をしていきたい、無駄に保険料を支払いたくないと言う方には、ぴったりの保険商品だと言える、
生命保険を契約しても、思うように保険料を支払えなくなってしまう事があると思います。
車のローン等のように、定期的に支払うものであるので、もしも保険料の支払いが遅れたり、滞った場合にはどうなるのか気になるところでもあると思います。
生命保険は保険料を支払わないでいるとどうなるのでしょうか。

保険料を支払わないでいるとどうなるの?

結論から言えば、保険料の支払いが遅れた場合、一定期間は契約が継続する事になっている。
その期間を「払い込み猶予期間」と言うが、払い込み猶予期間は、そう長くはないのだ。
一般的な生命保険であれば、大抵の場合は2か月に設定されている事が多く、その猶予期間を過ぎても保険料を支払わない場合には、生命保険契約自体が失効となってしまい、保険の効力を失う事になるのだ。
こうしたトラブルを避ける為には、保険料の支払方法を口座自動振替にしたり、保険商品や契約内容によっては、貯蓄性の高いものもあるので、自動振替貸付と言う制度を設定しておくと良いだろう。
自動振替貸付とは、生命保険の貯蓄部分や解約返戻金の部分を保険料に充当すると言うものである。

掛け捨ての生命保険は失効に注意が必要

掛け捨ての生命保険、つまり定期タイプの生命保険は、貯蓄性がほとんど無いか、全く無い事が多いのである。
その際には解約返戻金もほぼ無いと考えて良いのだ。
その為、前述したような自動振替貸付制度等は利用する事が出来ない為に、払い込み猶予期間を経過した後はすぐに失効してしまう。
せっかく定期タイプで大型の保障を比較的安い保険料で確保出来たのに、何らかの理由で失効させてしまったのではもったいないと言うものであろう。
再度契約する際には保険年齢が上がっている可能性が高い為保険料もアップする可能性があるのだ。
どの生命保険に加入しようか迷った時は、ネット生命保険ランキングで検索!あなたに合ったプランを選びましょう。